消費者金融の正しい知識

> 消費者金融の申し込みに必要なもの

消費者金融の申し込みに必要なもの

消費者金融で借入をする場合、必要となる書類についてですが、
たくさん用意しないといけない印象がありますが、必要なものは限られています。

  • 身分証明書
  • 印鑑

基本的に初めて消費者金融を利用する際に必要なものは上記2つです。
とりあえず身分証明書と印鑑を用意すればいいんです。

身分証明書について基本的には運転免許証があれば大丈夫ですが、
持っていない場合、本人確認書類として「健康保険証」「パスポート」
などがあれば大丈夫です。

もしも引越しなどで身分証明書に記載の住所と現住所が異なる場合は、
公共料金の領収書や住民票の写しなど現住所がわかる書類が必要となるケースがあります。
引越ししている場合などは注意!

印鑑については当たり前ですが、シャチハタでなければ三文判で大丈夫です。
たまにシャチハタを持ってくる人がいるみたいです...。

消費者金融の申し込みについては身分証明書と印鑑2つだけです。
運転免許書はおそらく財布にいつも入っていると思うので、印鑑だけ準備すれば
申し込みが可能です。

収入を証明する書類はいらないの?

収入を証明する書類はいる場合といらない場合があります。
多くは50万円以上借入する場合です。初めて消費者金融を利用する場合は
50万円いきなり借り入れできない事が多いので、収入証明はいらない場合が多いと思います。
50万以上を希望ですぐに準備できるなら、用意しておいても損はないかと思います。
前年度の源泉徴収や直近3ヶ月以内の給与明細などで大丈夫です。

契約書類はどうなの?

契約書類については後で郵送で書類が送られてくるので準備する必要はありません。
記入して返送する感じになります。